KANSAI FUTSAL LEAGUE‘2003大会要項
1.主  催 関西サッカー協会
2.主  管 関西フットサル連盟・関西フットサルリーグ実行委員会
3.後  援 日本フットサル連盟
4.協  賛 モルテン、ミカサ、カメイスポーツ
5.競技方法 12チームの総当り戦方式とする。(マルチボール方式)
6.試合時間
 
競技時間は、前後半あわせてプレーイングタイム40分、ハーフタイムは10分とし、同点の場合延長は行わない。
7.競技規則 日本サッカー協会制定平成15年度フットサル競技規則による。

8.チーム資格

 

関西圏内に所在地を有し、各府県フットサル連盟の推薦を受けたチームで、関西フットサル連盟の規約及び要項を遵守する8名以上のチームに限る。なお、18才未満の選手は、保護者の同意がいるものとする
9.選手資格




@JFAフットサル個人登録の手続きを済ませた選手で、他のチームと重複していない者に限る。違反のあったチームは、当該試合は、棄権扱いとし、以後の処置は、関西フットサル連盟で、決定する。後日違反の発見された場合も同様とする。
Aチームは、日本サッカー協会登録票及び加盟申込書に必要事項を記入し、一部ずつ提出するものとする。

10.追加登録

 


選手の追加登録及び変更は、1週間前までに関西フットサルリーグ実行委員会に申請し、許可を受けた選手は、出場することができる。連盟加盟チームからの移籍については、前加盟チーム代表者の承諾書を添付の上、申請受付1ケ月後から出場できるものとする。
なお、追加登録の場合は、本人からの宣誓書を併せて提出すること。
詳細はメンバー登録・追加・移籍ページを参照の事。

11.ユニホーム  


 

統一された濃淡2種類以上のユニホームで、背番号がついていること。(GKは、別色)
靴は、上履き用とし、底の設置面が白又は飴色は、可とし、黒(一部分の黒も含む。)及びイボイボは不可とする。
 
12.選 手 数 キックオフ時に5名に満たない場合は棄権扱いとする。

13.警告等の措置

 

警告を累積2回受けた選手は、自動的に次の1試合は、出場停止とする。又退場処分を受けた選手は、自動的に次の1試合は、出場停止とし、以後の試合は関西フットサル連盟で決定する。

14.棄権の扱い  

棄権をしたチームはリーグ戦より除名し、以後の試合は行わないその戦績は抹消する。
15.勝  点    勝=3点、分=1点、負=0点
16.順  位    @ 勝点 A 得失点差、B 総得点の順に決定する。

17.入  替  

下位2チームは、降格とし、府県チャレンジ戦の上位2チームが昇格する。なお、不測の事態が生じた場合は、関西フットサル連盟で決定する。

18.記 録 等

 

各チームは、当該試合の前後の試合に3審・記録員2名又はボールボーイ4名を派遣するものとする。試合開始10分前までに会場責任者に申し出を行い、その指示に従うこと。なお、指名された記録員及びボールボーイをしなかった場合は、次年度の加盟を認めない場合がある。

19.運営委員   

 

各チームは、運営委員を1名選任しなければならない。運営委員は、関西フットサル実行委員会から指名されたマッチコミッショナーの指示に従い大会運営を行うものとする。運営委員は、所属選手の援助により、会場の設営、運営並びに撤去を行うものとする。

20.器物破損

    

試合中、練習中を問わず場内外の器物を破損した場合は、当該チームにおいて弁済するものとする。併せて、場内外で、負傷が発生した場合は、当該チームが処置をし、関西フットサル連盟は、一切の責任も負わない。
21.運営会議 運営会議は、通常行わないが、年2回程度の全体会議を開催することとする。

22.表 彰 等

 

リーグ戦優勝チームにトロフィー及び表彰状を授与する。各チームの代表者及び実行委員の投票により優秀選手を選考し、当該選手にトロフィーを授与する。なお、日本フットサル連盟が主催する大会に出場依頼があった場合は、上位から推薦するものとする。
23.戦 績 表 ホームページに掲載する。
24.参 加 料 参加料は、 120,000円とし、リーグ開始前に全納すること。

25.付  則

 

 

@リーグ加盟時にスポーツ安全協会傷害保険等に加入すること。
Aたばこ及び飲料は、所定の場所でしかできないこととする。遵守できないチームは、除名する場合がある。
Bチームは、一般的なマナーを遵守すること。
C上記以外の不測の事項については、関西フットサル連盟で協議決定する。
   
   
   

 

 

 

 

【TOP】


|関西フットサル連盟とは? | お問い合わせ |    2003 関西フットサルリーグ運営委員会